事例

炭火ビストロ 華泉

顧客管理

ポイントカード

メール配信

目安定したレスポンスで、DM回収率は35%~40%を維持

効果的な販促で売り上げを上げるには…

 

売上を上げるためにはお客様への販促が大事な要因になります。しかし、オープン当初はお客様の情報やそれを管理し活用できるツールがありませんでした。その為、お客様に響く効果的な販促ができずにいました。

 

 

お客様性を把握出来るようになりました

分析機能と分析結果を有効に活用できる機能が搭載してあり、お客様に対する有効で効果的な販促ができるという面に魅力を感じ導入しました。

導入後は、主に「DM販促」を活用しています。

その時々で抽出基準は異なるのですが、目的によって期間で区切ったり、売上順だったり、1年以上来

店されていない方だったりと目的・ターゲットが絞り込むことができるので、重宝しています。

RFM分析ができるので、お得意さんやご無沙汰さんなどお客様を分類分けすることが可能です。結果、お客様に対する有効で効果的な販促が出来る様になり、「お客様」という一括りのグループから「熱狂的ファン、ファン、一見さん」などの属性も把握できるようになったことは大きいと思います。また売上や来店回数、来店頻度が分かることにより、ターゲットを絞って販促が出来るので、安定したレスポンスが得られます。

効果的な分析とそれによる販促は売上に直結するので、ベストカスタマーは非常に効果的なツールだと思います。

DM等の回収率は約35%~40%を維持しているので、販促を打つと売上が見込めるようになりました。ちなみにDMは売上又は来店頻度上300~500位の方に送っています。

また当店では、ベストカスタマーの抽出データを基に、毎月お客様を相撲の番付に例えてランキングを付けているのですが、それによってお客様との繋がりがより現れております。順位によってお客様にお渡しする景品が変わるのでそれによる楽しみはあると思いますが、何よりもスタッフがお客様を意識することにより、 より印象に残るアプローチが出来ています。

販促メールが出せるのも助かっています。繁忙期にはお店の席状況を掲載するなどして、より集客に役立ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※記載されている内容は取材当時のものであり、一部現状とは異なることがありますが、ご了承ください。

炭火ビストロ 華泉 店長

佐藤 良太 

炭火ビストロ 華泉

 

華泉様は、「仙台駅前周辺にある焼き鳥・牛タンの美味しい居酒屋 炭火ビストロ」をテーマに、肉、野菜、旬の素材を備長炭でじっくり焼き上げた串焼きをJAZZが流れる落ち着いた店内でカジュアルに楽しめるお店です。